家庭用エアコンクリーニング

●壁掛エアコン洗浄作業手順

 1.養生
     お客様の家具、部屋に洗浄剤、水が飛散しないように養生を行います。
     防水の作業マット等を敷き、家具等にはブルーシートを被せます。

 2.確認
   作業に入る前に必ずエアコンを動かします。
   当初より故障していることも考えられますので作動確認は徹底して下さい。

 3.準備
   外側のドレンホースをバケツで受けます。
   洗浄作業の廃液が流れてくるのを受けるためです。
   まず電源を抜きます

     

   化粧カバーを外します。ネジで留まっていますので、ドライバーが必要です。

     


   向かって右側の電装部分を養生します。
   まずウェスで電装部分を覆います。
   基盤保護シートで全体を覆います。
   さらにテープで固定します。
     
     
     
     
   支持金具を取り付けます。
   L字の短い部分を壁とエアコンの隙間に差し込みます。
   L字の長い部分が手前に出ます。
     
     
     
     
   洗浄シートを被せます。
   洗浄シートの両側の紐を絞って固定します。
   洗剤・水が1滴でも漏れればお客様の壁、家具を汚すことになります。
   したがって洗浄シートはすべてをパッケージするタイプになっています。
     

 4.洗浄剤
   アルミフィン・ファンの汚れをブラシで落します。
   汚れに応じて洗浄剤を希釈します。使用する洗浄剤の用法に従ってください。
   電装部分を除きアルミフィン部分にスプレーします。

 5.水洗い
   水洗いを十分します。
   ファンを洗浄する場合はモーター部分に水をかけないように注意します。
   ファンを高圧洗浄するかは、ファンの状態を確認してからにします。
   あまりに古いもので羽がボロボロになっていると破損することもあります。
   ドレンホースの詰まりを解消するため、
   外側のドレンホースにドレンホースクリーナーで数回吸いこみさせます。

 6.乾燥
   洗浄シートを掛けたまま送風運転します。
   10数分乾燥させて下さい。ウェスで水滴を拭き取ります。

 7.消臭処理
   消臭・除菌処理をします。使用する薬剤の用法に従ってください。

 8.パネル洗浄
  

     化粧カバー、フィルターを洗浄します。

 9.組立
     養生を外し、化粧カバーを取り付けます。

 10.作動確認
     完全に乾燥させた後、運転させます。
     お客様に作動を確認してもらいます。

 11.撤去
      セットした養生を撤去します。

全てのメーカーのエアコンが、クリーニングのサービス対象です

エアコンクリーニングのサービス対象機種は、全てのメーカーが対象となります。
ただし、家庭用小型壁掛けエアコンで、室内機の幅が90センチ以内の機種を対象とさせていただきます。(家庭用エアコンで90センチを超える場合、追加料金を別途いただきます)。


エアコンの幅が、90cm以内